9日の似顔絵サイン会に来て下さった方々へ。

 

 

 

こんにちは、おおがきなこです。

 

3月9日、初めてのサイン会を終えました。といっても、サインだけではなんだか納得できず、似顔絵も描かせて頂きました。私自身、どんなに好きな作家さんでも、名前をもらうだけじゃ嬉しくないからでした。私だったら名前をもらうより、一瞬でも長くこっちを見てほしい。

 

たくさんの美味しいお土産、お手紙、本当にありがとうございます。お菓子も焼き芋も美味しく頂いておりますし、お手紙も大切に拝読しております。お手製の眼鏡ケースを下さった方もいました。蓋の内側にはてんちょのイラストと発売日が、ボールペンで書かれています。とても嬉しかったです。

 

嬉しさと同時に、私なんかがもらっちゃっていいのかな、という気持ちも大きいです。私は本当に、お手製の眼鏡ケースをもらうほどの活動ができているのかな。そういう気持ちです。勝手ですね。誰かに届けと強く思いながら描いているくせに、届いていますと言ってもらえると、私なんかでいいのだろうかと思う。本当に勝手ですね。

 

勝手なことばかりやっている私です。「こんなことを描いたら、胸がずきっとする人もいるだろうな」と思うことを、「でもここを描かなきゃ始まらないんだ」と無神経になって描いている日々です。それはやっぱり、すごく自分勝手だと思います。

 

そんな私の漫画を待って下さる方がいるんだ、と知ることができました。ここに眼鏡を入れてほしいと、私に思う方がいるんだ。このお菓子を食べてほしいと思う方がいるんだ。手紙で気持ちを伝えたいと思って下さる方がいるんだ。

 

すごいのは、私ではなく皆さんです。漫画は描き手のパワーだけじゃ伝わらないと私は思います。読み手にパワーがあるから、通じ合うのだと思います。ありがとうございます。

 

またお会いできますように。そのためにも、1作1作、怠らずに真摯に取り組みます。心から感謝を込めて。

 

 

 

おおがきなこ