ポンポン減った20万円と、皆様への感謝。

昨日のブログを読んで下さった方々から、たくさんのメールを頂きました。夜中Instagramにアップした「イヌ日記vol.40」を見て、という方もいて下さって。ご心配をかけてしまったようです。

 

昨日の夕方、お世話になっている出版社の方に話したんですよ。オカメが死んでから描けていないと。そしたら、もう1度思い切り描いてみたらどうかと言われました。だからやってみたんです。それがvol.40です。描いているうちに声が出て、そばで寝ていたギーがこっちを見ました。そのうち泣きだしたんですけど、あれですね。泣くより先に声から出ることがあるんですね。

 

オカメが死んでからポンポンと貯金が減っています。vol.40で描いたように、服や化粧品をポンポン買っているからです。その通帳は、いつかオカメが病気をした時に使おうと思っていたものでした。癌がわかった時にはもう余命1か月と言われたし、手術もできない箇所だったので、お金はそんなに減らなかったわけです。といっても、そんなに高級思考ではないもので、4か月で20万円くらいですかねぇ使ったのは。

 

ワンピース、口紅、アイシャドウ、サプリメントなどなど、ポイポイと買いました。今思い返すと、そういうことでしかワクワクできなくなっていたと思います。オカメが死ぬ前、私がワクワクするのは漫画のことを考えている時でした。次はなにを描こう、どんな人物がなにを喋り出すだろう、それをちゃんと深めるためにどんな本を読んでみようか。そういうことを考えている時でした。それがこの4か月、すごく薄れていました。今思えば。

 

私は、支えて下さる方々のおかげで漫画が描けています。そばで応援してくれる家族、忙しいのに協力してくれるお店のみんな、親身になってアドバイスを下さる編集者さん、寝ているギー、寝ていたオカメ、そして読んでくださる皆様。とても優しく、厳しくいて下さいます。

 

孤独にならないためにも、ふにゃふにゃと芯のない言葉は一生ひとことも描かないと決めています。これからも厳しくお願いします。おかげさまで、スランプの出口が見えそうです。本当にありがとうございました。感謝と尊敬を込めて。

 

 

 

 

おおがきなこ